アウトソーシング
物流業務は、 プロに任せて安心。 戦略的物流で 企業のチカラを底上げ!

物流業務が負担になっていませんか?

本業に集中できない。

業績が急に伸びて、配送量が増加。

増車手配で本業がおろそかに。

スピード感がない。

18時の入庫だと発送が翌日に・・

他社は即日納品までしているのに。

物流にかける コストが大きすぎる。

自社で倉庫、トラック、

ソフトウェアまで用意しようと

思うと、コストがかかりすぎる。

部門ごとの連携がなく バラバラで、非効率。

受注・保管・流通加工・配送を

一貫して管理できておらず、

情報がバラバラだ。

物流業務はプロに任せて、社員はコア業務に集中!

サードパーティ・ロジスティクス・サービス(3PLサービス)とは、荷主企業から包括した物流業務を受託する

サービス形態です。

荷主企業は『倉庫』『輸送』『流通加工』といった各種物流管理を、1つの企業に一括して任せることで、手間の

軽減・低コスト化が実現できます。

DASを利用した仕分け WMSを利用した在庫管理

入荷した商品を店舗別に分けるピッキング作業は、

DAS(デジタルアソートシステム)を利用しています。

お客様とのデータ連動(FTP.JCA手順.専用回線.Eメールなど)お客様のニーズにあったインターフェースをご用意しています。

入出庫・保管・ピッキング・賞味期限管理・在庫回転率・入出庫許容期限の設定から請求処理までを一元管理可能です。

アウトソーシングのメリット

物流コストを「固定費」から 「変動費」へ

取扱量が変動する商品を扱っている場合、

最高の時期に合わせて倉庫や設備、人材等、

物流に関するコストが固定されてしまいます。

 

そんな場合でも、物流アウトソーシングを活用することで、物流固定費を変動費化し、経営環境の変化に柔軟に対応できます。

人材の採用・教育が不要

自社独自の物流を保有している場合、さまざまな部門での人材の採用や教育といった業務が発生します。

 

アウトソーシングを利用することで、こうした煩わしさからは解放されます。従業員管理量を減少させ、近年上昇し続けている採用コストも気にかけることなく、時期や物量に応じた最適な物流業務が可能です。

物流システムの構築が不要

3物流システムの初期導入費用がゼロ

 

弊社の物流アウトソーシングサービスをご利用頂ければ、多額の費用をかけて自社システムを構築する必要がありません。当社の物流管理システムと専門のスタッフが強力にバックアップします。

 

最新のIT技術と物流ネットワーク網でリードタイム短縮

自社開発したWMS(ウェアハウスマネジメントシステム)でムダのない効率的な物流を実現。

 

さらに西日本全域に広がる弊社の物流ネットワーク網が、お客様のビジネスを強力にバックアップします。

 

2つのチカラでリードタイム短縮を可能にします。

 

コア業務への人材注力で売上UP!

物流アウトソーシングを利用すれば、

今まで物流業務に携わっていた社員をコア業務にシフトできます。

より高度な判断や創造力を要求されるコア業務に専念することで、結果、売上UPを図ることが可能です。

 

食品物流に強い!

3温度帯(フローズン・チルド・ドライ)全てに対応できる共同配送・3PLサービスを提供しています。3温度帯対応の自社倉庫を完備。配送には、1台で三温度帯商品を混載できる車両を使用しています。

 

徹底した温度管理で、高度化する食品サプライチェーンのニーズに対応いたします。

Copyright(c)  KANSAI TRANS WAY Co., Ltd. All Rights Reserved.

物流センター事業 CVS事業 個人別宅配 法人向け小口及び専属配送事業 アウトソーシング トレーラー輸送事業 コンサルティング